つたわるフォント

ふと生茶のボトルをみたら、「つたわるフォント 読みやすさを追求した書体を使用しています」とあった。なんだこれ?と検索してみたら2年前位から生茶のパッケージに印刷されているようで…全然気づかなかった!

「つたわるフォント」とは博報堂と慶應義塾大学が2009年に共同開発、タイプバンクからリリースしたフォントだそう。小さい文字になったときの読み辛さ・読み間違いを防ぐ効果があり、高齢者や障害者の方でも読みやすいフォントになっているようです。

画像typebankより

一覧はここで見れます。http://font.designers-garage.jp/ud/typebank/

実際フォントを見るとたしかに余計なハネなどが無くなりシンプルになっている。違和感を出さないように、でもシンプルに、のフォントデザイナーさんの匙加減は大変だったんだろうなあ。
特に数字はかなりいいと思います!和文フォントの丸っこい数字が嫌いだったので。

地図とか、文字を小さく印刷しなければいけない時などに、とくに便利そう。

ただ、生茶の場合、ボトル裏面はスペースが限られてるとはいえ、せっかくのフォントに長体かけて広げたり縮めたりしちゃってるけど、それも見越してこのフォント作られたのかな…なんかもったいない。

Comments are closed.